Science Cafe サイエンスカフェ

About Science Cafe: サイエンスカフェについて

Purpose:サイエンスカフェの目的

国立循環器病研究センターのオープンイノベーションセンターに、新たな医療機器・医薬品・ヘルスケア産業創出等を通じて、循環器病の研究と制圧に資する取組に寄与することを目的として「サイエンスカフェ」を開設しました。サイエンスカフェにおける意見交換会やセミナー等の開催を通じて、研究者同士、医療従事者と企業などの交流を加速を目指しています。

Overview:サイエンスカフェ概要

オープンイノベーションにより最先端医療・医療技術の開発で世界をリード

民間企業等との連携を深めるため、共同研究の拠点となるオープンイノベーションセンターを2019年7月に移転した国立循環器病研究センター内へ設置いたしました。病院や研究所と「一つ屋根の下」で、国立循環器病研究センターの研究者等と密接な連携が可能であるとともに、 循環器病や健康に関して当センターに蓄積されている様々なデータや試料、最先端の設備の利用が可能となります。また、共同研究のサポートや更なる連携のコーディネート、企業等同士のオープンな連携促進を行う体制を整備したいと考えています。
その一環として、当センターの研究者、医師や民間企業の方が共同研究の打合せや、気軽に情報共有できる場として「サイエンスカフェ」を設置いたしました。民間企業の方もサイエンスカフェクラブにご入会いただきますと、サイエンスカフェの利用が可能となります。
また、サイエンスカフェでは一般市民向けのセミナーなども随時開催しておりますのでお気軽にご参加ください。

Greetingオープンイノベーションセンター センター長 ご挨拶

Greeting:国立循環器病研究センター オープンイノベーションセンター センター長 宮本 恵宏

次世代の医療・ヘルスケアを実現するためには、世界中に広がるリソースを活用するオープンイノベーションが必須となっています。ところが、我が国では研究人材の流動性が極めて低く、オープンイノベーションを実現するためには、知識を持った人が組織を移動するのでなく集まるような情報拠点が必須です。

そこで、国立循環器病研究センターでは2019年7月の移転を機に、産学官の様々な人が集まり交流する場として「サイエンスカフェ」を整備しました。また、新たな産業やサービスの創出につながるような会員間の交流等を促進することを目的として「サイエンスカフェクラブ」を発足しました。クラブ会員へは、(1) セミナー等を通じた各種情報の提供、(2) セミナー室などの場の提供、(3) 会員間の交流機会の提供を行います。

これらの活動を通じて、オープンイノベーションで革新的医療・医療技術を実現したいと考えておりますので、お力添えいただけますようお願い致します。

国立循環器病研究センター
オープンイノベーションセンター センター長

宮本 恵宏