Greeting

オープンイノベーションセンター センター長 ご挨拶

オープンイノベーションセンター センター長 宮本恵宏

次世代の医療・ヘルスケアを実現するためには、世界中に広がるリソースを活用するオープンイノベーションが必須となっています。ところが、我が国では研究人材の流動性が極めて低く、オープンイノベーションを実現するためには、知識を持った人が組織を移動するのでなく集まるような情報拠点が必須です。

国立循環器病研究センターでは2019年の健都への移転を機に、「オープンイノベーションセンター」という新たな組織を作り、産学官の様々な人が集まり交流する場として「サイエンスカフェ」を整備しました。私達は、サイエンスカフェにおける意見交換会やセミナー等の開催を通じて、研究者同士、医療従事者と企業などの交流の加速を目指しています。

また、オープンイノベーションセンターは様々な企業やアカデミアとの連携、共同研究の拠点となることがその使命の一つです。そのために、一つ屋根の下のコンセプトのもと、企業やアカデミアの方に入居していただく「オープンイノベーションラボ」というものを用意しています。しかし、オープンイノベーションラボに入居されていない、より多くの企業やベンチャーとも、新たな連携や共同研究につながる出逢い、マッチング創出の機会を作りたいと考えております。

そこで、サイエンスカフェでは、「イノベーションカフェ」というイベントに代表されるような産学のマッチングセミナーを随時開催しております。民間企業の方もサイエンスカフェクラブにご入会いただきますと、サイエンスカフェの利用だけでなく、イノベーションカフェなどのセミナーへの参加も可能となります。

これらの活動を通じて、オープンイノベーションで革新的医療・医療技術を実現したいと考えておりますので、お力添えいただけますようお願い致します。

国立循環器病研究センター
オープンイノベーションセンター センター長
宮本 恵宏