国循や他のアカデミア、企業やベンチャーの優れた技術、研究シーズや現場でのニーズ等をお互いに紹介し合うことで、新たな連携や共同研究につながる出逢い、マッチング創出の機会を設けるなど交流を加速し、革新的医療イノベーションを実現します。

発表企業のご紹介

SMK株式会社

弊社の技術シーズの中から光触媒セラミックスフィルターを紹介いたします。
多孔質セラミックスフィルターは、特徴である光の透過性により、従来の光触媒セラミックスフィルターよりもアセトアルデヒド、アンモニア、メチルメルカプタン等の分解性能を数倍向上させる事ができます。光触媒は、滅菌・浄化・消臭の効果で最近特に注目されており、医療現場のニーズとのマッチングについて議論できればと考えています。

SMK株式会社

古野電気株式会社

古野電気は1948年に世界で初めて魚群探知機の実用化に成功し、船舶用電子機器分野で世界規模の地位とブランドを構築しました。コア技術である、センシング / 信号処理 / 情報通信 / 統合化に事業ノウハウを統合して顧客の皆様に役立つソリューションを提供しています。
医療機器の開発・製造・販売に携わって約30年になります。この度ご紹介いたします装置は、超音波技術を用いたハンドヘルドのワイヤレスプローブです。手に収まるサイズのプローブを、体表に当てて移動させるだけで、測定部位の断面画像をその場でタブレットに表示します。CTやMRIを用いずとも大腿部・下腿部・上腕・腹部などの筋肉の断面画像を見ることができます。
サルコペニア診断やリハビリ患者の筋肉計測を想定して研究を進めてきましたが、循環器病関連領域での技術活用を一緒に考えて頂ける研究者様や企業様とのご縁を期待しています。

古野電気株式会社

日本ピラー工業株式会社

弊社は1924年(大正13年)の創立以来、「流体の漏れを止める技術」を基本に、100年近くにわたって材料技術、設計技術、加工技術などで多くの固有技術を培ってきました。 半導体、電力、石油精製・化学、船舶、自動車、建築等幅広い産業分野へ高機能製品を提供させて頂いております。近年は非常に厳しいクリーン度を求められる半導体製造装置 向けふっ素樹脂製品が主力製品の一つとなっております。
今回は弊社の技術シーズの中から光触媒セラミックスフィルターを紹介いたします。
多孔質セラミックスフィルターは、特徴である光の透過性により、従来の光触媒セラミックスフィルターよりもアセトアルデヒド、アンモニア、メチルメルカプタン等の分解性能を数倍向上させる事ができます。光触媒は、滅菌・浄化・消臭の効果で最近特に注目されており、今回の発表を通じて、医療現場のニーズを頂戴し、それに貢献できる製品作りが出来れば幸いです。

日本ピラー工業株式会社

開催概要

開催日時2021年5月11日(火)16:30-18:10(16:15からアクセス可能)
開催場所サイエンスカフェ
※コロナの状況により全企業オンライン発表
開催方法Zoomウェビナー機能を用いて開催します。
主催国立循環器病研究センター×大阪商工会議所
参加費無料
プログラム16:30  開会挨拶
16:35  企業プレゼン
      SMK株式会社
      古野電気株式会社
      日本ピラー工業株式会社
18:10  閉会挨拶
チラシチラシダウンロード

イノベーションカフェに関するお問い合わせ先

《サイエンスカフェ事務局》
E-mail: event@science-cafe.jp
TEL: 06-6170-2159
(お電話受付時間)9:00-18:00 ※土日祝日を除く

〒564-8565 大阪府吹田市岸部新町6番1号
国立循環器病研究センター オープンイノベーションセンター4F サイエンスカフェ