• Twitterシェア
  • Facebookシェア

国循や他のアカデミア、企業やベンチャーの優れた技術、研究シーズや現場でのニーズ等をお互いに紹介し合うことで、新たな連携や共同研究につながる出逢い、マッチング創出の機会を設けるなど交流を加速し、革新的医療イノベーションを実現します。
今回は国循との新規事業や共同研究をお考えの企業の方から、技術やサービスを「ライブ配信(オンデマンドなし)」で発表いただきます。

発表企業のご紹介

株式会社アイ・エレクトロライト
株式会社アイ・エレクトロライト

株式会社アイ・エレクトロライトは関西大学発の企業としてリチウムイオン電池の開発・生産を行っております。今回の発表では、弊社で開発しているイオン液体を電解液に用いたリチウムイオン電池の提案させて頂きます。イオン液体とは常温常圧で液体状態を保持し、難燃性、不揮発性というユニークな性質も併せ持つ特殊な材料であり、リチウムイオン電池の安全性や性能を向上させることが可能です。
我々はこのイオン液体を用いたリチウムイオン電池を開発し、既に宇宙用途で安定に作動することを実証しております。今回の発表を通じて、これまでの宇宙用途だけではなく、安全・信頼が求められる医療用途にも我々の電池の適用範囲を広げたいと思っております。ご協力頂けそうな研究者の方々や企業様とマッチングできることを願っております。

当日の発表に関連する診療分野や職種

心臓血管内科部門心臓血管外科部門脳血管部門小児循環器・産婦人科部門生活習慣病部門移植部門ゲノム医療部門看護部薬剤部分子生物学部生化学部分子生理部分子薬理部細胞生物学部分子病態部病態ゲノム医学部血管生理学部心臓生理機能部病態代謝部人工臓器部循環動態制御部生体医工学部先端医療技術開発部再生医療部
株式会社KUREi
株式会社KUREi

「氷結晶制御物質を用いた細胞および組織保存技術の創生」本社は、天然由来の氷結晶制御物質を製造し、その機能を評価し、販売することを事業にしています。この氷結晶制御物質は、冷凍した瞬間の氷結晶を微小化し、冷凍保存時及び解凍時におきる氷再結晶化による氷結晶の巨大化を抑制する物質と、溶液中の異物(例えば、細胞、組織や臓器など)に結合し、異物とみなせず、過冷却温度域(未凍結温度域)を広げる過冷却促進物質です。
前者を使用すると、組織の冷凍保存時の氷結晶形成による組織破壊を軽減できます。後者を使用すると、細胞や組織を未凍結(-6°C付近)で保存できます。
今回の技術紹介によって、センターの研究者の方とは、手術中のがん細胞診断などへの応用(冷凍)や組織標本の一時的保存(未凍結)や長期保存(凍結)、細胞の保存(凍結・未凍結)などの共同研究を望んでいます。

株式会社ケーラボ
株式会社ケーラボ

 認識の原点は見ることから始まります。 普段何気なく見ている時でも脳内では膨大な情報処理が行われています。 視認が成立するために脳内でどのような情報処理が行われているのかを理解する。 私たちはゲイズトラック解析技術をコアに、自覚症状が現れにくい視神経や中枢神経疾患の早期発見に貢献する研究を進めています。
 ゲイズトラックとは視覚刺激により生じる視線の軌跡で、例えばAMEDの助成により開発した視野計※では、視野角30度の液晶画面上に固視点と検査点を次々と表示し、固視点から検査点への視線移動を解析し緑内障の視野障害を検出します。
 脳の活動の80%以上は視覚情報に基づくと言われています。認知症などの社会的課題となっている疾患の初期症状の検出には、どの様な視覚刺激が有効なのか、またどの様にゲイズトラック解析すればいいのか、今までにない新しい視点で取り組んでいきます。

※ AMED 医工連携事業化推進事業
2016年10月ー2018年3月「失明回避に貢献するポータブル視野計(POLS)の開発・事業化」

当日の発表に関連する診療分野や職種

テーマ:脳梗塞の再発予防を目的とした簡便な視野検査装置の開発

脳血管部門

開催概要

第7回イノベーションカフェ

開催日時
2021年4月19日(月)16:30-18:10(16:15からアクセス可能)
主催
国立循環器病研究センター × 大阪商工会議所
会場
ハイブリッド開催予定
企業発表場所
サイエンスカフェ
※コロナの状況により全企業オンライン発表に変更となる場合がございます。
参加費
無料
プログラム
16:30 開会挨拶
16:35 企業プレゼン

株式会社アイ・エレクトロライト
株式会社KUREi
株式会社ケーラボ

18:10 閉会挨拶
チラシ
チラシダウンロード(PDF:1.6MB)

プレゼンターへの質問の方法

企業がプレゼンを開始しましたら、発表している企業に対しての質問を受付ます。当日、お使いいただくZoom ウェビナーでは「Q&A」のメニューを使って、プレゼンターに質問することができます(文字入力にて)。
企業プレゼン終了後に座長より質問を読み上げ、企業のプレゼンターの方に回答いただきます。
お気軽に質問をお寄せください。

イノベーションカフェへの参加方法

大阪商工会議所のお申し込みフォームへリンクいたします。必要事項をご入力の上、お申込みください。

お申し込みはこちら >

ご視聴いただくには、サイエンスカフェクラブへの入会が必要となります。
申込書に必要事項をご記入の上、「ScienceCafe@ncvc.go.jp」宛へお送りください。

※入会審査中でもイノベーションカフェへのお申し込み・ご視聴は可能です。

■国循職員の方

会場参加定員30名
※定員を超えた応募があった場合は、オンラインでの視聴となります。

参加方法

「お申し込みはこちら」をクリックするとメールが立ち上がります。
メール本文に申込者の氏名・所属先・メールアドレスをご記載の上、そのまま送信ください。
複数人同時にお申し込みの場合は、1通のメールに申込者分の情報を記載し送信ください。

Zoomイメージ

視聴方法

ウェビナーツールは、「zoom」を利用いたします。
参加URLは、申込者に別途ご連絡いたします。申込受付メールに記載された Zoom URL をクリックしご参加ください。(推奨 Web ブラウザ:Google Chrome)

接続テストについて

  • はじめてZoomを利用される方は、こちらのページからカメラとマイクのテストを事前に行ってください。

スマートフォンからの視聴の場合

  1. スマートフォン・タブレットでの視聴には、Zoomアプリが必要です。App Store・Google PlayストアにてZoomアプリをインストールしてください。

    App Store

    Google Play

  2. アプリをインストール後、視聴登録ページへアクセスいただき、ウェビナー登録完了画面に表示されるリンクから視聴いただけます。

視聴環境について

  1. セキュリティ設定やPC動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。
  2. インターネット経由でのセミナーですので、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合がございます。
お願い
  • ・セミナー詳細を実況するかのようなSNSへの投稿はご遠慮ください。
  • ・本セミナーにかかわる著作権、商標権などの知的財産権その他の権利を侵害する行為及びデータの撮影、録音、録画その他の不正利用を固く禁じます。発覚した場合にはしかるべき措置を取らせていただく場合がございますのでご注意下さい。
  • ・Zoomのインストール等を起因とするトラブル等につきましては保証致しかねますため自己責任のもとご使用ください。

・Zoom オンラインセミナーに必要な動作環境は、https://zoom.usをご確認ください。

イノベーションカフェ に関するお問い合わせ先

サイエンスカフェ事務局

E-mai: event@science-cafe.jp TEL: 06-6170-2159
(お電話受付時間)9:00-18:00 ※土日祝日を除く

〒564-8565 大阪府吹田市岸部新町6番1号
国立循環器病研究センター オープンイノベーションセンター4F サイエンスカフェ

閉じる

サイエンスカフェへ戻る